海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

ボディーボードの波待ち姿勢をマスターしよう! 波待ちで広がるボディーボーダーの輪♪

Body board Waiting for wave

ボディーボードを楽しんでいると、”波に乗っている時間よりも、波待ちしている時間の方が長い”と、感じる人も多いと思います。

当たり前ですが、自然の波はコチラの都合に合わせてくれませんから、ひたすら良い波を待つしかありません。

そんな時、波待ち姿勢が上手くできずに不安定だと、波に乗る前に海に落ちたり、いざ良い波がきても乗り損ねたりする場合があります。

そうならないためにも「波待ち姿勢」はしっかりとマスターしたいところですよね^^

海に行くとサーファーが波待ちをしている姿はよく見かけますが、ボディーボードで波待ちをしている人の姿は、サーファーに比べて少ないので、今回はボディーボードの波待ちスタイルについて、ご紹介したいと思います☆

ちなみみにサーフィンの波待ちについてはこちらを参考に!↓
 ⇨波待ち中のピークの見極め方であなたのサーフィンは大きく変わる!良い波の選び方を徹底解説!

スポンサードリンク

ボディーボードの波待ちスタイル・腹ばい編

Body board To be stomachyボディーボードを始めたばかりだと、ボディーボードの上に腹ばいになって乗り、良い波が来るのを待つスタイルが一般的です。

波を待っている間、一番楽な姿勢をキープするためには、足を沈めて腰の位置を少し後ろにずらします。

そうすると、自然とノーズも上がるので、寝そべっている姿勢よりも視線は高くなり、どんな波がくるのか見つけやすくなります☆

すでに腹ばいになっている状態なので、良い波がきたら、そのままの姿勢で波に乗ることもできて、慌てる心配もありません。

大きなポイントとしては、足がしっかりと沈んでいることです。

足が沈んでいると安定感もあるし、方向転換にもスムーズに行えるので良い波が来たときに素早く対応できます。

なので「まずはボディーボードを楽しみたい!」という初心者さんには、この”腹ばい”の波待ちスタイルがオススメです♪

ボディーボードの波待ちスタイル・座る編

Body board sit腹ばい姿勢の波待ちができるようになったら、次はボードの上に座ってみましょう!

子供の頃、プールのビート板に乗って座ろうとした人も結構いるんじゃないでしょうか?笑

私はもちろん、本気で座ろうとした派です(^_^;)

プールのビート板よりも遥かに大きいボディーボードなので、間違いなく乗りやすいことは確かですが、慣れるまでは少し大変かもしれません。

イメージ的には、ボディーボードをグッと海に沈めて、勢いよく上半身をボードの前に押し出し、一気にまたいで飛び乗る感じです。

この時、想像はつくと思いますが、ボードの前方に体重をかけすぎると、頭から海にすべり落ちますし、体重を後ろにかけすぎると、後ろにひっくり返り、ボードは空に吹っ飛びますので注意して下さい(; ̄ー ̄A

ポイントとしては、ボードの中心よりもやや後ろに座るとバランスが取りやすいです。

ボードのノーズが上がるので、足腰に集中してバランスをとりながらベストポジションを見つけてください☆

座るスタイルは、腹ばいスタイルよりも、視線の位置が高くなるので、遠くの波を見渡すことができます。

なので、良い波を見逃すことも少なくなり、ボディーボードを楽しむ時間も長くなるので、ぜひ、座るスタイルをマスターしてみて下さい♪

波酔いやカレントに気をつけよう!

Body board sit波待ちをしている時に、「波酔い」をするという人も中にはいます。

ボディーボードではないんですが、私もダイビング終了後に、お迎えのボートが来るまで、海面でプカプカ浮いていたら、波酔いしてしまった経験があります。

これは「船酔い」にも似ているので、遠くを見るようにすればいいと聞きますが、それだけではなく、波酔いや船酔いは「身体の冷え」にも原因があるんです。

下半身が海に浸かっている状況が長いと、夏でも身体が冷えてしまうことがあるので、ボディーボードを楽しむ前後は、なるべく身体を暖かく保つように気をつけて下さい☆

また、波待ちをしていると、気づかないうちにカレント(潮の流れ)の影響で流されている場合があります。

海でまっすぐ泳いでいたつもりでも、砂浜を振り返るとスタート地点からズレてたりするのと同じで、知らず知らずのうちに流されてしまう事もあります。

カレントにもよりますが、一度流されてしまうと、思っているよりも早いスピードで遠くに連れ去られてしまうこともあるので、海のコンディションを読み、自分がどの位置にいるのか、しっかりと確認をするように気をつけて下さい!

私もサーフィンを始めたばかりの頃、わずか2m先にいた友達が、どんどんどんどん遠くに離れていくので、「友達が流されてる!!」と助けを求めたことがあったんですが、実は流されていたのは友達ではなく、私自身だったということがありました ( ̄▽ ̄|||)

冗談抜きで、「このままアメリカまで行っちゃうんじゃないだろうか・・・」と、本気で悩んだ中学1年生の夏の出来事です(^_^;)

こうなってしまうと、ボディーボードも楽しんでる余裕などなくなってしまうので、自分の位置確認は、忘れずにしましょう^^

カレントは甘くみてると本当に危険ですので、必ず知識は持ち合わせておきましょう!
 ⇨知らずに入水するのは超危険!カレントに流されないために絶対に知っておきたい潮の流れと安全対策!

波待ち時間は交流の場!

Body board A place of exchange良い波がなかなか来ないとき、波待ち姿勢がしっかりとできていれば心にも余裕ができるので、友達やローカルボディーボーダー達と会話をするのも楽しいですよね♪^^

まさに波待ち時間は、交流の場でもあります!

「○○の海はボディーボードをやってる仲間が多いよ♪」 とか、
「そろそろボードを新調しようかと思ってるんだけど、良いショップ知ってる?」 とか、
「エルロロが上手くできないんだけど、コツ教えて!」 などなど…。

ボディーボーダー同士ならではの会話って、いろいろとあると思うので、波待ち時間を利用して、情報交換をたり仲間を増やす時間としては最高の時間です☆

波があればガンガン波乗りを楽しみ、波がなければ仲間の輪を広げて、ボディーボードの時間をもっともっと楽しんで下さいねッ♪(-^0^)人(^0^-)イェ~イ!

Facebook

Blog ranking

Surf trip guide

Mail form

contact-form

気軽になんでもメール下さい♫