海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

ゴールデンウィークにサーフィンしに行くならここで決まり!サーフトリップのススメ -海外編-

少しずつ暖かくなってきて、体も動くようになってくるのと同時にサーフトリップに行きたくなるのもこの季節ならでは。

今の時期はまだ飛行機の空きもあるので、計画を立てるのに十分間に合います!

今回は僕のオススメのトリップ場所をご紹介します☆

スポンサードリンク

サーファーの聖地 -BALI-

言わずと知れたサーファーの楽園インドネシア、バリ島。

ウエストジャワ、スマトラ、ニアス、メンタワイ…世界に誇れる波、サーフポイントが無数に存在します。ブレイクが多すぎて未だ未開拓というポイントもあるそうです。

バリの気候は熱帯モンスーン気候に基本的に属しており、1年の平均気温は28度と年中夏です。季節としては4月頃から10月頃までの乾季と11月頃から3月頃までの雨期に分かれます。

ゴールデンウィークは乾季にあたり、日中の気温は30°C近くにまで上がりますが、湿度は低いのでカラッとしており、日本のジメジメとした夏に比べると非常に過ごしやすい気候です(^^)

基本的には、日本の夏のイメージで年中海に入れますが、乾期(4月から10月ごろ)は、外気も下がると同時に水温も低くなるので、寒がりな人はタッパ~スプリングがあると良いかもしれません。

バリはリーフ、サンド、玉石、河口、波のバリエーションも豊富

西のクタから東のサヌールまで数キロの為、風の向きにあわせてコンディションを選べるのもサーファーには魅力の一つです。

ビギナーからエキスパートまで満足させてくれるんですよね!

潮をちゃんと見れば、ほとんど外すことがありませんよ!

メインシーズンは乾季の季節風である北東~東風をオフショアとする5~9月。

南氷洋からのグランドスウェルで南西からのウネリとなります。

ガイドは付けたほうが良いと思います。

なによりバリはガイド料が安いのが特徴

せっかくのトリップですから、出来るだけコンディションの良いところでサーフしたいですよね。バリニーズにガイドを頼めば、自分の好きなポイントやその日一番いい所に連れて行ってくれます。

そしてもう一つの魅力が、物価が安いという事です、

物価が安いという事は、当然トリップの金額も安くなるという事。

さらに料理も美味しいという事も魅力の一つ♪

ナシゴレン、ナシチャンプル、ミーゴレン。

サーファーのビールとも言われるビンタンを一緒に呑めば最高の時間の完成ですね!

治安も良く、夜の街を歩いていても何も問題ないです。

クラブもあり、夜遊びも最高に楽しいですよ〜♫

エアはガルーダがオススメ!ボードチャージも無料です!

こんなにサーファーに良い環境は他にはありません!

まだ行ったことのない方はこの機会に是非ッ!

世界のサーフィン文化最先端 -CALIFORNIA-

実は僕のトリップ先で多いのはカリフォルニアです。

ロサンゼルスのエリアの南カリフォルニア。

「ザ☆アメリカ!」って感じですw

サーフィンって言葉を聞くと大体の人はハワイと言うかもしれませんが、僕の中ではサーフィン=カリフォルニアだと思っています^^

それだけサーフカルチャーが根付き、世界に最先端の流行を発信しているからです。

アメリカの中でも比較的治安が良いのも行きやすい理由です。

車の運転は日本で運転できるのならば道も日本より広いですし、アメリカでも余裕で運転出来ると思います。

レンタカーを借りる場合、国際免許は必須なので日本の免許センターで取っておく必要があります。写真と書類提出程度の簡単な申請で、費用は2400円ほどです。

ポイントは有名どころだとトラッセルズ、マリブ、ハンティントン、リンコン

リーフからサンドまで様々です。クラシカルなポイントから、最先端のマニューバーを見れる場所もあり、飽きることはありません。

カリフォルニアの欠点としては、物価、滞在費がアジアより高いということ…。

日本よりも高いイメージで行ったほうが良いです。

夜のディナーともなるとお酒を入れたら二人で軽く60ドル近くいっちゃいます。

オススメのエアはシンガポール航空。

ボードチャージ無料なうえ、CAが綺麗な人ばかりです(笑)

サメが多いというのも有名ですが、オーストラリアほど気にしなくても良いような気がします。どうしても気になる人はシャークバンズを付けとけば安心かと思います↓

水温は低めで、夏でも3mmジャージが必要になるくらい水温が下がる事がありますので、SNSなどで事前の情報収集は必須です。

ただ、水温が低くても行く価値はあります

ベストシーズンは9月~11月と言われていますが、基本的にカリフォルニアは日本と同じように年中サーフィンが出来ます。

波もサイズが極端に上がらなければ日本と同じような優しいブレイクが多いため、小波慣れしてしまっている日本人にはサーフィンしやすい土地なんです。

これまたビギナーからエキスパートまで、季節問わず楽しめるのがカリフォルニアです^^

海外トリップの醍醐味

暖かくなってきてトリップに必要なギアも少なくて済む季節。

荷物が軽いというだけで、トリップに行く壁は低くなります。

そしてこの時期、多くの人がサーフトリップに出かけるので、国内では会えないような沢山のサーファーに合うことが出来ます☆

サーフトリップの本当の楽しさはサーフィンだけではなく、人との出会い、その土地の文化、食に触れる、感じる。

そんなところにあると思います。

ぜひ最高の思い出を作ってくださいねッ!(*^∀゚)ъ

関連記事

Facebook

Blog ranking

Blog mura

ブログランキング・にほんブログ村へ

Surf trip guide

Mail form

contact-form

気軽になんでもメール下さい♫