海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

「ヤバい!」そうなる前に!シュノーケリング事故の原因と予防について

海って楽しいですよねッ♪

釣りや海水浴、バナナボートなどのアクティビティも良いですが、非日常を味わうという意味でオススメなのはシュノーケリングです。

シュノーケリングは、大人から子供まで手軽に海の世界を楽しめるマリンスポーツ。
 ⇨シュノーケリング初心者必見!水中遊泳で海の魅力をもっと発見しよう!

ですが、そんな気軽に始められるシュノーケリングでも、事故がないわけではありません。

今回はシュノーケリングで「なぜ事故が起きてしまうのか?」

その原因と予防法についてまとめました。

せっかくの海での楽しい時間を壊さない為にも、ぜひ参考にしてください!

シュノーケリングで事故が起こる原因

SOS

【沖に流される】

海の中の世界はとても綺麗で、ついつい夢中になっちゃいます。

「こんなところに魚が!」「あっちにも何かいる!」

なんて感じです。

息継ぎも顔を上げずにできてしまいますので、時間も忘れて楽しんでしまうことでしょう。

その気持ち、もの凄くわかりますw

しかし、ふと顔を上げると、、、、

「ん? あれ⁉︎ 浜が遠いぞ…」

まさかの漂流です。。。。。

ヤバい!と思って必死に泳いでも、なかなか陸へたどり着けません。

これは「離岸流(カレント)」と呼ばれる流れが影響しているんです。

離岸流とは、沖へ向かっていく流れのことで、とても速いんです。

どれくらい速いかって言うと、水泳のオリンピック選手でも逆らって泳げない程です。

「えっ? ヤバくね⁉︎」

大丈夫です。 対処法はあります。

それは「岸と平行に泳ぐ」です。

意外と単純なのです。

に向かってじゃないですよ!

離岸流は10m程の幅ですので、そこから抜け出しさえすれば岸まで戻れます。

「沖に流されるなー」と感じたら一旦岸と平行に泳いで下さい。

離岸流についてはコチラの記事で詳しく解説しています。
 ⇨知らずに入水するのは超危険!カレントに流されないために絶対に知っておきたい潮の流れと安全対策!

【パニックになる】

これは一番危ないかもしれません。

例えば、「シュノーケルに水が入っていて水を飲んでしまった!」とか「足がつかない深さに驚いてしまった!」とか「生物に咬まれた!刺された!毒が、、、」とか

パニックになる原因って結構あるんです。

そしてパニックになると、もれなく溺れちゃいます。

ちょっとしたことがキッカケでも、パニックに陥った瞬間に危険が迫ってきます。

これは本当に要注意です!

【1人で海へ行く】

シュノーケリングは他のマリンアクティビティと違って、道具があればすぐにできます。

しかも、その道具はコンビニでも売っているので手に入りやすいのです。

その為、自分で道具を揃えて、1人で海へ行って遊ぶこともできてしまうんです。

でも、1人は辞めた方がいいです。初心者の方はとくに危険です。
(ベテランの方も出来るだけ1人で行くのは避けましょう)

上記のように「漂流した!」とか「パニックになった!」という時に1人だと単純に考えて助かりにくいです。

海は広いんで、助けを呼んでも「気づいてもらえない」「近づくのに時間がかかる」ということが予測できます。

何かあった時には助けてもらいたいですよね?

その為にも、なるべく1人では行かないようにしましょう。

事故が起きないためにはどうする?

In the sea【夢中になり過ぎない】

楽しいのはわかります。知っています。

でも、夢中になり過ぎないで下さい。

時々水面から顔を上げて、周りを見てください。

ひとりぼっちになっていませんか?
岸から遠ざかっていませんか?
どれくらい時間が経っていますか?

岸へ戻る体力が無くなる前にシュノーケリングは終了しましょうね^^

【正しい知識を身につける】

シュノーケルに水が入ってもシュノーケルクリアという技があります。

足がつかない深さでも、ライフジャケットがあれば浮きます。

目の前にいる生物の知識があれば、安全なのか危険なのかが分かりますす。

沖へ流されても、離岸流を抜ければ大丈夫です。

こんな単純な知識でも、あるのとないのとでは大違いですよね。

知識があれば対処ができます。対処ができればパニックにはなりません。

事前にいろいろ調べてみましょう。

【複数人で行う】

1人だと、何かあったときに助けてもらえませんよね?

でも、周りに家族や友人がいれば安心できます。

シュノーケリングはみんなで楽しみましょう。

思い出話も共有できた方がより楽しいですよ♪

できれば、シュノーケリングはインストラクターと一緒に行なってください。

素人だけで行うよりも事故が起きる可能性がグッと下がります。

知識をつけて楽しく潜ろう!

Fun snorkelingせっかくの楽しい時間なのですから、最後まで何も問題なくはしゃぎたいものです。

最後まで読んでくれたあなたは、シュノーケリングの知識が身についています。

「何が危険で、どう対処すれば良いか?」が、だいぶ分かってきたはず。

シュノーケリングは、気軽に始められてとても楽しいですが、自然を相手にしていることを忘れないようにしてくださいね。

過信せず、仲間同士で知識を深めて、安全に遊ぶのを心掛けましょう٩( ‘ω’ )و

関連記事

Facebook

Blog ranking

Blog mura

ブログランキング・にほんブログ村へ

Surf trip guide

Mail form

contact-form

気軽になんでもメール下さい♫