海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

これであなたも人魚になれる⁉︎シュノーケリングで絶対に覚えておきたい基本と潜り方!

手軽に遊べるマリンスポーツで人気のシュノーケリング。

綺麗な海で水中を除くと幻想的な世界が広がって、ハマってしまう人も多いと思います。

手軽にできたり、子供でも危なくないのも嬉しいですよね♪

プカプカと水上で泳ぎながら、シュノーケリングを楽しむのもいいですが、潜水すると新しい発見がたくさんあるのを知っていますか?

「潜水するのにはテクニックが必要でしょ⁇」「泳ぎが苦手だからちょっと…」なんて方も、潜水の仕方を知れば、きっとやってみたくなるはずです。

今回はシュノーケリングの潜り方について紹介していきます。

スポンサードリンク

基本テクニック

シュノーケリングは他のマリンスポーツと違い、テクニックは必要ありません。

余分な体の力を抜いて、ただただ水に浮くことができればそれでOK!!

このパートでは覚えておくと便利な基本のテクニックを紹介していきます。

【スノーケルクリア】

シュノーケリング中、呼吸器の役割を果たしてくれる“スノーケル”を装着しますが、

そのスノーケル内に水圧や波など水が入ることがあります。

そのスノーケルの中の水を除去することを「スノーケルクリア」と言います。

では、もし水が入ってしまったらどうしたらいいか?

答えは簡単!

「思いっきり息をフッと吐き出すだけ」です。

くじらが潮を吹くような感覚です。

この時、お腹の力を入れて一気に吐き出さないと水は排出できません。

私が初めてシュノーケリングした時の事ですが、スノーケルの装着に慣れておらず、口呼吸がままならない状態。

水が入ってきた時に焦り、息を吐くのか、吸うのかさえもわからないで、誤って吸ってしまい、大量の水をがぶ飲みしたことがあります。

海水は大量に飲むとかなり不快…というかマズイ。

その後はずっと調子が戻らず…

仲間のシュノーケリングの見学人になってしまったことがありますw

前もっての練習が大事ですので、わざとシュノーケリングに水を入れたりして練習しておくのも大事かと思います。

【マスククリア】

視界を守ってくれるマスク。

スノーケルだけではなく、マスクにももちろん水が入ってくることがあります。

水が入ったらその都度、マスクを取り外して水を抜くのは面倒ですよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、「マスククリア」です。

やり方は簡単!

マスクをつけたまま、フレーム部分を軽く押さえながら鼻から息を吐き出します。

マスクは目と鼻を覆っているので、息を吐き出すと、行き場をなくしたマスク内の空気と一緒に水も押し出されるというわけです。

わざわざマスクを取りはずしていたら手間も時間がかかりますからね。

私は友人に教えてもらいました♪

ただ、あんまり息を吐きすぎると今度はメガネが曇ってくる可能性が高いです。

メガネの内側に曇り止めはきちんと塗って置いた方が絶対に良いです。

曇り止めを塗っても水に濡れたせいか、コーティングが取れて、水の中で迷子になりかけたことが私はあります。

水の中で視界が見えないのは、かなりの恐怖でした(><)

あとは曇り止めをこまめに塗り足すことも大切です。

【耳抜き】

水中に潜ると気圧の変化で耳が痛くなることがあります。

飛行機に乗ったり、山道をドライブしたりすると耳がキーンとするのと同じです。

潜水が深ければ深いほど、気圧の変化も激しいので、こちらもマスターしておくべきです。

そもそもなんで起こるか?というと、圧で鼓膜が外側から押されるのが原因。

なおすためには鼓膜を正常な位置に戻してあげればいいだけの話です。

おそらく皆さん試したことがあると思いますが、“唾を飲む”“鼻をつまんで、フンッと息を吐く” これが正解です!

耳抜きはなかなか練習する環境がなく、いきなりマスターするのは難しいので、初めから深く潜水しようとせずに、浅めの場所から慣らしていくのがいいでしょう。

痛くなった時、耳抜きできないとかなり苦痛ですし、最悪の場合は鼓膜が破れてしまう恐れもあります。

私は耳抜きが今でもあまり上手くできなくて、飛行機なんかも苦手です。

飛行機利用時には必ず、耳栓着用!

そうすると少しは改善されます。

まだ潜水時に試したことはありませんが、多分イケる気がします。笑

準備万端!あとは潜るのみ‼︎

Snorkellingシュノーケルで大切なのは息を長く持たせること

焦らず、ゆっくり、リラックスして、いざ挑戦です!

「ヘッドファースト」と言って、名前の通り、頭から海底に向かっていきます。

頭を入れたら、目線をおへそに向けて、体をくの字型に曲げていきましょう。

体がきちんと曲がれば、自然に足が上がり、頭の重さで自然に体が沈み始めます。

沈み始めたら、今度は体は一直線、水面と垂直にすると、さらに深く沈んでいきます。

両足が入るまで沈んだら、あとはフィン(足ヒレ)を使って潜水していくだけです。

まとめポイント

Snorkelling diving頭を入れる…までは結構簡単なんですが、沈み始めてからは練習するべき。

水面と垂直に体をまっすぐにするのって、結構体力がいりますからね。

私も体のバランスが崩れ、水圧に負けて、浮いてしまって…

潜り方は結構練習したものです。

でも練習したと言っても、1日もかかりません。

コツさえつかめば簡単です!

潜水上手な友達に教えてもらったりするのもすごくタメになりますよ♪

潜水をマスターして、さらにシュノーケリングの楽しみ方を広げてみてください( ´ ▽ ` )ノ

関連記事

Facebook

Blog ranking

Blog mura

ブログランキング・にほんブログ村へ

Surf trip guide

Mail form

contact-form

気軽になんでもメール下さい♫