海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

サーフィンするならコンタクトがオススメ☆ 視力が悪くてもサーフィンは諦めない!

surfing-contact-lens

これからサーフィンを始めようと思った時に、

「視力が悪くてもサーフィンできるのかなぁ?」

と疑問に思う人が結構いるようです。

確かに、海でサーフィンをしている人を見てみても、メガネやゴーグルを付けている人は滅多に見かけません。

「じゃあ、サーファーは全員、目がいいの?」

と、新たな疑問にたどり着くのですが、

そんなことはありません(;^_^A

サーファーの中にも、当然、視力が悪い人はいます。

じゃあ、どう対処しているかというと、視力の悪いサーファーたちのほとんどは、コンタクトレンズを入れてサーフィンを楽しんでいるのです。

そうなると、「コンタクトレンズを入れてサーフィンなんてできるの!?」と、またまた新たな疑問が出てくるかと思うので、今回はサーフィンとコンタクトレンズについてご紹介していきたいと思います☆

スポンサードリンク

コンタクトレンズは外れない?

Contact lens is offコンタクトレンズを入れてサーフィンをするとなると、真っ先に気になることは「外れないの!?」ですよね^^

基本的には、サーフィン中にコンタクトレンズが外れる可能性は低いです。

外れた人でも、10回に1回くらいとか、1年に1回くらいとか、中には10年間外れたことはないという人もいます。

なぜなら、水が目に入りそうな時は、目を閉じるように気をつけているからなんです☆

なんだか、「当たり前だろ!」と突っ込まれそうですが…(;^_^A

初めてコンタクトレンズをつけてサーフィンをする場合は、ちょっとした事で目を開けてしまうこともあるので注意です。

たとえば、波に巻かれた時や、ワイプアウト、ドルフィン時、特にビーチブレイクでは、砂も巻き上がる可能性があるので目を閉じるように気をつけて下さい^^

ただし、顔に水がかかった時にゴシゴシと目をこすると、さすがに外れてしまう可能性があるので気をつけましょう☆

1Dayタイプのソフトコンタクトレンズがオススメ♪

ワンデー アキュビュー モイスト 【BC】9.0【PWR】-3.25 90枚入 2箱コンタクトレンズなら何でも良いという訳ではなく、ほとんどのサーファーが使用しているのは、1Dayタイプのソフトコンタクトレンズです。

ネットで購入すれば、お値段もお手ごろ価格で見つけられるし、何よりも衛生的に良いのがポイントです☆

それに万が一、サーフィンの途中で海に流されてしまった場合でも、使い捨てタイプなら諦めもつきますよね⁉︎(^_^;)

サーフィンはハードな運動なので、ハードコンタクトレンズだとズレたり落ちたりする可能性が高いので、コンタクトレンズを選ぶなら、1Dayタイプのソフトコンタクトレンズがオススメです!

スキルアップに大活躍!

Surfing Sunset skill upコンタクトレンズを使用すると、今までぼんやりしていた景色が、ハッキリと見えてくるので、サーフィンのスキルアップにも繋がります☆

たとえば、視力が良くなると、うねりを早く見つけることができるので、判断力や反応も早くなり、他の人よりも早く波を追いかけることができますよね^^

それに、日没が近づいてくると、いつもは暗くて見えなくなってしまった波が、今まで以上に見えるようになるので、より長くサーフィンが楽しめます♪

サーフィンをする時間が長くなるということは、それだけ練習する時間も増えるということなので、コンタクトレンズは上達するためにも大事な役割を果たしてくれるんです☆

サーフィンをする上では、ある意味、サーフボードと同じくらい、コンタクトレンズは大事なものかもしれませんね^^

コンタクトレンズを使用するときの注意

Contact lens attention一旦、海に入ってしまうと、なかなか陸に上がってこないかもしれませんが、上がった時は、必ずコンタクトレンズ用目薬をつけるようにしましょう☆

そして、サーフィンが終わった後は、すぐにコンタクトレンズを外し、新しいコンタクトレンズを付け直すか、いつも使用しているメガネに切り替えて下さい。

多少でも海水を浴びたコンタクトレンズは、菌がついている恐れもあるし、放置しておくと、固まって角膜が傷ついてしまう恐れもあるので気をつけて下さい^^

かなり頻繁にコンタクトレンズを使用してサーフィンをする場合は、ときどき眼科に行って眼病予防をするのもオススメです。

目に何か問題が起こってしまったら、大好きなサーフィンができなくなってしまうので油断は禁物です!念には念を!

コンタクトレンズ以外は!?

Good sight surfingコンタクトレンズではなく、度が入ったゴーグルを使用している人も中にはいます。

ただ、波に巻かれるとゴーグルが吹っ飛んでしまう恐れがあるので、初心者にはあまりオススメできません。

一番の理由としては、見た目が悪い・・・という人が多いのも事実ですが…(^_^;)

他には、思い切ってレーシック施術をする方法もあります。

これはプロサーファーはもちろん、スポーツ選手や一般人問わず、視力回復のために施術する人が増えていますよね。

万が一、レーシックを選んだ場合は、施術後1ヶ月は海に入れません。

なので施術するならば、サーフィンに行く回数が減る冬の時期がオススメです。

本当ならコンタクトレンズもゴーグルも使わず、施術もせず、自分の視力でサーフィンができれば一番いいのですが、安全を考えると、やはり何か対策を取らなければいけません。

そう考えると、やはり一番手軽なのはコンタクトレンズですよね^^

海中で目を開けても大丈夫なコンタクトレンズが、いつか開発されるかもしれませんが、それまでは待っていられないと思うのでw

今は1Dayタイプのソフトコンタクトレンズをつけて、視界爽快なサーフィンをエンジョイして下さいッ(*・∀-)☆

関連記事

Facebook

Blog ranking

Blog mura

ブログランキング・にほんブログ村へ

Surf trip guide

Mail form

contact-form

気軽になんでもメール下さい♫