海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

サーフィンの技を極める為に必要不可欠な事!色々なアプローチでトレーニングをしてみよう!

横乗りというスポーツと切っては切れないアクション。

ただ気持ちよくターンしているだけでも十分楽しいですけど、やっぱり大きな技をやってみたいですよね!

今回は技そのものではなく、技を決める為の道のりのお話をします。

やりたい技があるけど出来る気がしない…って人や、なかなか上達できず伸び悩んでいるって人の参考になれば幸いです☆

スポンサードリンク

ストレッチを毎日行う

「技と関係ないじゃん!」と思っちゃうかもしれませんが、全てのスポーツにおいてストレッチは必要不可欠。基本的な事ですが、やっていない人は多いと思います。

柔軟性を高めることは、技のスムーズさ、キレ、リカバリーなどに影響してきます。

加えて怪我防止にもなるので、ストレッチを行う習慣を付けましょう。

入水前は特にしっかり行います。

サーフィンは自分が考えてもいないような部位の筋肉を使ったりしています。

早く入りたい気持ちを抑え、ストレッチはじぃ〜っくり行いましょう☆

まずはイメトレ!

いきなり1発目からエアリバース出来る人はまぁいないでしょうw

何事も頭の中で何回も何回もイメージしなければ、一つの技は出来ません。

ビデオを見たり、ハウツーで勉強したり、目をつぶって形にしたり。

頭の中で固まってきたら、ようやくいざトライです。

ちなみに僕は、毎日布団に入った時にイメージトレーニングをしています。

テイクオフからアップスで走って、スピード付いてきたら、ボトムに降りて…

という感じです。 そうするといつの間にか寝てますけどwww 

でも、毎日寝る前にこれをやっていれば、いざイメージしていた波が来た時に体が無意識に動きます。(←マジで)

イメージトレーニングを軽視する人は多いですが、人は頭でイメージした事しかリアル(現実)にできません

それくらいイメージトレーニングというのは、技を極める上で非常に効果的なトレーニングですので、ストレッチ同様、こちらも習慣化することをオススメします!

失敗を恐れない事

初めて新しい技をやる時は、恐怖や不安が付きまとうものです。

僕がスノーボードをやっていたころは、恐怖しかなかったです(笑)

スケートもそう。 コケた時の代償がデカい…

その点、サーフィンはコケても接触面が水ですから、よっぽどホレた波で、コケ方が悪かったりしない限り怪我をすることはありません。

ゼロではないですが、スノー、スケートよりはリスクが低いように思います。

とにかくコケてコケてコケまくるッ!(`^´)

そうすると、いつの間にかやりたかった技も出来ているハズです。

なので、失敗を恐れずガンガン攻めましょう!

それと、コケることを恥ずかしい事だと思わない事。

そんな事を恥ずかしがっていると、全く前に進みません!

恥ずかしがってる事が恥ですよー!

スケートで陸トレ

サーフィンは、S(Surfing・Snow・Skate)の中でも一番板に乗れている時間が短いスポーツです。スケートやスノボは乗りたいだけ乗れますが、サーフィンはそうはいきません。

そこで、いかに週末のサーフィンを効率良く楽しむ為に何をすべきかというと、スケートボードが一番の陸トレになります。

特にサーフスケート、ランプをオススメします。

サーフスケートは形状が様々ありますが、前のトラックが大きく左右に動くものをサーフスケートと呼びます。

これは基本的に平地で行うスケートトレーニング。

体を左右に振り、アップスのようにスピードを付け、カービングやリップアクションのような練習が可能です。

踏んで抜いての繰り返しになるので、足の筋トレにもなります。

この筋肉は、海でサーフボードを踏み込むのに役立つので一石二鳥です!

もうひとつのオススメはランページを滑る事です。

ちなみランページ(ランプ)とは、円を半分に切ったようなスケボーのセクション。

ボーダーはハーフパイプをイメージしていただければ良いかと^^

大きさはレベルに合わせて行いましょう。

小さなミニランプでも十分トレーニングになります。

ランプの良さは、波の角度に合わせたイメージが出来るという事です。

普段生活をしていても、波のような角度の造形物に出くわす事はありません 笑

ランプにはR(湾曲している部分)がありますので、この角度に体を合わせるという事が、波の角度に合わせるという事と非常に似ています。

これを反復練習する事で、海での動きが変わってきます。

陸で出来るようになった事は必ず海で出来るようになります

逆を言うと、陸で出来ない事は海では出来ない

もしくは出来るのに非常に時間がかかるという事です。

波のない日はスケートパークに繰り出してみるのも良いかもしれませんね♫

目指せ!サーフジャンキー!笑

技を修得するには日々の心構えと努力が必要です。

プロサーファーの華麗な技の連続は、それまでに多大な努力あってこその結果。

なので、週末にサーフィンに行く人であれば、平日にいかに努力をするか、そしてそれをいかにやり続けるかがスキルアップのポイントです。

1日10分でも良いので、サーフィンの為の時間を作ってあげると、目標だったやりたかった技に結びつきます。 まさに継続は力なりですね!

技が増えれば増えるほど、またさらに楽しさが広がります♫

そして、楽しくなればなるほどサーフィンがやめられなくなります^^

そうなれば、あなたはもう立派なサーフジャンキーですw

ぜひ!サーフジャンキー目指して(⁉︎)、海でも海以外のところでも、”ちょっとした努力”をしてみましょう♪( ´ ▽ ` )ノ

サーフトレーニング関連記事
波が無い日やオフシーズンは陸でできるサーフィントレーニングで差をつけろ!自宅で簡単!サーファー必須の筋力アップトレーニング!

関連記事

Facebook

Blog ranking

Blog mura

ブログランキング・にほんブログ村へ

Surf trip guide

Mail form

contact-form

気軽になんでもメール下さい♫