海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

CATEGORYLegendrey Surfers

Julian Wilson

レジェンダリー サーファーズ #18 Julian Wilson(ジュリアン・ウィルソン)

アスリートにとって憧れの舞台は、やはり“オリンピック”ではないでしょうか。 そんな、アスリート達が憧れる“オリンピック”に初めて!“サーフィン”が2020年開催の東京オリンピックに追加競技として決定されたことは皆さんご存知かと思います! …

Mark Richards

レジェンダリー サーファーズ #17 Mark Richards(マーク・リチャーズ)

サーフポイントで車の屋根にビンテージサーフボードを積んで停まっている光景を見ると、その場の空気がゆっくり流れている様に感じるのは私だけでしょうか? サーファーは車好きが多いのでワーゲンバスやローライダー等々のビンテージカーにサーフボードが…

Josh Kerr

レジェンダリー サーファーズ #16 Josh Kerr (ジョシュ・カー)

クリスマスだの正月だのと言っていたのがつい最近の事の様に思いますが、気が付くと今年ももう2ヶ月が経とうとしています! 世界に目を向けるとオーストラリアでは“WQS1000”シリーズ、はたまたハワイでは“ボルコムパイププロ”と、今年も各地で…

Filipe Toledo

レジェンダリー サーファーズ #15 Filipe Toledo(フィリペ・トレド)

あなたが子供の頃、将来どんな職業に就きたいと思っていましたか? そしてその夢は叶いましたか?^^ 日本の子供が憧れる人気の職業としていつの時代もサッカーや野球選手が挙げられますが、近年は海外の舞台で日本人サーファーが活躍する時代なので、…

Bede Durbidge

レジェンダリー サーファーズ # 14 Bede Durbidge(ビード・ダービッジ)

日本では連日、身に染みる寒さが続いているその一方で夏真っ盛りの南半球のオーストラリアはというと、連日熱波に見舞われるなど地球のデカさを感じております…^^; そしてそのオーストラリアから、ジュニアの世界一を決めるワールドジュニアにて、今一…

Gabriel Medina

レジェンダリー サーファーズ #13 Gabriel Medina(ガブリエル・メディナ)

日本の日刊“朝日新聞”や月刊“文藝春秋”に当たるアメリカの雑誌「TIME」誌が、その年に世界から注目された人物を独自に選出し“世界で最も影響力のある100人”として、毎年発表し日本でも話題になりますよね^^ そんな各界の名だたる顔ぶれの中…

joel parkinson (ジョエル・パーキンソン)

レジェンダリー サーファーズ #12 joel parkinson(ジョエル・パーキンソン)

2017年の年末は乗り納めにもってこいの波が続き、一年の最後を気持ち良くサーフィンで締めくくられた方もおられるのではないでしょうか? 筆者は防寒対策バッチリで日本海へ!^^ この寒いのにサーファーは結構多めでした。 サーファーにとっては…

Glenn Hall

レジェンダリー サーファーズ #11 Glenn Hall (グレン・ホール)

学校や職場で初めて人を教育する立場に立った時、なかなか思うような結果に結びつかず行き詰ったことはありませんか? 筆者もその一人で、そうした事が仕事の上で一つの悩みとなり、書店で膨大な難しい専門書をあれこれ手に取り勉強しましたf^^…

Matt Wilkinson

レジェンダリー サーファーズ #10 Matt Wilkinson(マット・ウィルキンソン)

誰しも一度は「サーフィンがもっと上手くなりたい!」と自分に合った道具に変えてみたり、上手い人の動きを研究してみたり…と、試行錯誤することがあると思います。 そしてその過程で、自身の肉体改造にチャレンジされた人もいるのではないでしょうか ?…

Connor O’Leary

レジェンダリー サーファーズ #9 Connor O’Leary(コナー・オレアリー)

最近、タレントやモデルの方でもハーフの人が多く活躍されていますよね。 サーフ界においても、活躍が期待されている若手のひとりで、オーストラリア人の父と日本人の母を持つハーフサーファーが存在します。 日本ではまだあまりその名が知られていませ…

Tom Curren

Tom Curren(トム・カレン)【レジェンダリー サーファーズ#8】

トムと聞くと“トム&ジェリー”というとアメリカのコミカルなアニメを思い浮かぶ方が多いかと思いますが、サーフィン界にも “トム&ジェリー”と呼ばれる二人のカリスマがいます。誰だかおわかりでしょうか? トムとは80年代のカリスマ“トム・カレン…

Facebook

Blog ranking

Trip guide