サーフカメラマンに俺はなる!誰でも簡単にサーフィン写真を水中撮影♪波乗りは記憶に残す時代から記録に残す時代へ! | NO SEA, NO LIFE.

海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

サーフカメラマンに俺はなる!誰でも簡単にサーフィン写真を水中撮影♪波乗りは記憶に残す時代から記録に残す時代へ!

Surf cameraman

カメラは自己表現するためのツールとして欠かすことができない存在です。最近では自分が撮影した写真をSNSにアップして周りのリアクションを楽しむ人も増えています。

少なくとも、携帯電話にカメラが一般的に搭載されるようになったことで、カメラマンでなくとも写真を撮る事は身近になりました。

更に近年ではカメラの性能が高くなったことで、誰でも手軽にプロ並みの写真を撮れるようになりました。

これはサーフ業界においても同様で、今までは高価な機材と高度な撮影技術が必要だったサーフフォトの撮影が、「GoPro」の誕生により誰でも容易に撮る事が可能になりました。

そこで今回は、サーフフォトや水中撮影について解説して行こうと思います☆

これからサーフィン専用カメラを使ってみようと検討している人はもちろん、既にサーフフォトグラファーデビューしてる人も、これを読めば魅力的な水中撮影テクニックを習得できるかも…!?

サーファーから見た海の世界

Nicon Surf Photo of The Year2015

プロのサーファーがいるように、カメラマンにもサーフフォトを専門に活躍するプロのカメラマンが存在します。

その一人に、”Nicon Surf Photo of The Year”を2015年に受賞し話題となった「リロイ・ベレット」をご存知でしょうか?

バレルの中に立つサーファーの写真は物珍しいものではありませんが、彼はバレルを進むサーファーの背後から撮影を行います。

このような、見る人を魅了してやまない写真は、機材が進化してサーフィンの写真を手軽に撮影できるようになった今でも、プロにしか表現できない世界観ですよね^^

そして、もう一人日本を代表するサーフフォトグラファー「木本直哉」をご紹介しましょう☆サーファーの間では知らない人がいないくらい有名なカメラマンです。

彼の代表する作品「波の園」は、自然と人が共存する姿が美しく映し出されているのと同時に、多くの事をカメラのレンズを通して学ばせてもらったと感謝の意がこの作品に込められています。

そんな、感謝の気持ちが詰まった作品がコチラです!

「木本直哉」の世界観がたっぷり堪能できます♪

そしてもう一冊。サーフフォトの素晴らしさをもっと体感したい方にオススメなのが「Amazing Waves」です!

プロだからこそ成し得た迫力満点の写真が詰まったコチラの作品集は、サーフィンをやっている人はもちろん、やっていない人にも、ぜひご覧いただきたい写真集です!

「Amazing Waves」は、選ばれし者のみ立ち入ることを許される、崇高な美しい世界を感じることができます。

自然は時に人を寄せ付けない脅威を見せつけ、そしてまた、未知の美しさで驚嘆させます。

そうした、壮大な自然の姿を世界のトップサーフフォトグラファー20人により撮影された最高の写真が収められた作品です。

誰でも手軽にド迫力フォト!

Easy shooting by anyone先程ご紹介したようなプロが撮影した写真は、誰でもそう簡単に撮影できるものではないとお分かりいただけたと思います…。

それでも「挑戦したい!」と思う初心者カメラマンにフォーカスを当て、今回は複雑な操作をせずにサーフィンの写真を撮影することができるオススメのカメラをご紹介しましょう☆

手軽に撮影できるカメラの代表といえば、やはりアクションカメラの「GoPro」です!

以前、当サイトでもご紹介しております☆

それでは実際に、GoProで撮影した映像がどのくらいのクオリティーなのか、詳しい使い方も含めコチラの映像をご覧ください↓

「GoPro」が初心者向けのカメラだと言われる最大の理由は、望遠機能がなく画角が完全に固定されているからです。

自撮りや風景写真の撮影に特化した、広角機能を備えたカメラなので複雑な操作は一切必要ありません。それに加え、他のカメラと比べコンパクトで軽量なので、サーフボードや体に装着が可能です!

両手が塞がることなく人の目線で撮影することができるため、だれでも臨場感たっぷりの迫力がある写真を撮ることができます♪

カメラ自体の性能はズームができないことを除けば、一眼レフと大差のない機能・性能面を持っているため、決して初心用のカメラと言うわけではありません。

機種によっては、スマートフォンアプリとの連携が可能で、撮影した画像をすぐ転送できるため、SNSユーザー向けのカメラとも言えます。

カメラの性能を最大限に引き出すテクニックをコチラの記事で、詳しくご紹介しているので合わせてご覧ください!

 Naminori Zanmai ⇨ 失敗しないウォータースポーツ水中撮影のコツ4つ

最近では、気軽に水辺で遊ぶ程度のものから、本格的な水中撮影で使うものまで、利用するシーンに応じた幅広いラインナップが各メーカーから発売されているため、あなたにピッタリな一台がきっと見つかるハズです^^

さぁ!カメラを持って海へ行こう♪

Let's go to the sea with a camera!サーフィン写真の撮影って意外と手軽に挑戦できることが分かっていただけたと思います。

後は青い海と空のもとで、波しぶきを上げカッコよく波に乗る姿を撮影するのみです!

いきなり高価な機材を揃える前に、今回ご紹介した「GoPro」からまずは気軽に撮影を始めてみましょう♪

最初にこういったエントリーモデルで写真の奥深さを知り、徐々に自分が求めるスタイルに合った機材を揃えていくことをオススメします☆

撮影の際はサーフィン同様、周りへの配慮を忘れずマナーを守り撮影を楽しみましょうね^^

Site Search


Facebook

Blog ranking

Blog MURA

ブログランキング・にほんブログ村へ

Trip guide

Mail form

contact-form

気軽になんでもメール下さい♫