海好きの 海好きによる 海好きのためのマリンスポーツサイト

menu

NO SEA, NO LIFE.

サーフィンで横に滑れるようになったら次は何をすればいいの?そんな疑問にお答えします!

さぁ、サーフィンを始めて横に滑れるようになったそこのあなた!今の現状に満足してはいませんか?

満足していなくとも、横に滑れるようになった今、次に何をすればいいのか、路頭に迷ってはいないでしょうか。

サーフィンを始めて間もない頃は、横に滑るどころか、テイクオフすることで手一杯だった。でも、今はあの辛い時期を乗り越え横に滑れるようになった!

はい、サーフィンは奥が深いんです!!まだまだやること練習することが沢山あります!!

ちなみに、何を言ってるんだよ!!まだ横に滑れないよ~(汗)という方は、こちらを参考にしてください♪

サーフィンって面白いことに、目標にしていたことが出来るようになれば、またすぐ次の課題が出てくるんです!

今回は横に滑れるようになったそこのあなたに、これからの課題とそれを達成するためのプロセスについて、順を追って解説していきたいと思います☆

ボトムターン

ボトムターンサーフィンをやっていく上で永遠の課題であり、最重要要素と言っても過言では無いのが、「ボトムターン」です。

なぜ、ボトムターンがそんなにも重要かというと、その後のアクションに少なからず直結するからです。ボトムターン次第でその後のアクションが左右されるということなんですよ。

少し分かりやすく言えば、「ボトムターン」というものは、野球のバッターがピッチャーのモーションに合わせてタイミングを取る。少しそれに似たところがあります。

そのタイミングのとり方や、体重移動が上手くいかないと、ピッチャーの投げたボールは遠くに飛ぶどころか、バットにも当たりません。

ですが、タイミングと体重移動が上手くハマるとホームランさえ打つことができます♪

これと似たようなことがサーフィンにおいても言えます。

後でも解説しますが、サーフィンで横に滑れるようになったら次の課題として、波のトップでのアクションが挙げられます。

このトップアクションをメイクするためには、安定していて深いボトムターンが必要不可欠なのです(^o^)

トップアクション

トップアクションさぁ、サーフィンで横に滑れるようになったら、次に練習する事としてトップでのアクションがあります♪

ここでは、主に三種類のトップアクションについて解説していきます!!これをマスターすれば、可愛いガールフレンドもあなたにメロメロ間違いなしです♡笑

ぜひ参考にしてみてくださいね。では解説していきます!!

・オフザリップ

サーフィンにおいて華形アクションといえば、やっぱりオフザリップですよね!!

素早いテイクオフから、深いボトムターンを切り、波の1番のパワーゾーン「リップ」にサーフボードを当て込み、素早く板を返す。これらが全てハマった時のスピード感、キレ、スプレーの飛び具合。見ていてすごくカッコいいです♪

オフザリップとは、波のリップ部分に板を走らせ、波が割れる力を利用しサーフボードを180度回転させる技です。

実際には、波の割れ方はまちまちで異なるため180度には満たないことが多いですが、それでも沢山のスプレーが飛び、見るものを魅了する技です。

・カービング

カービングとは、オフザリップとは異なりリップ部分に板を走らせるのではなく、波のトップでさほど張ってこないようなセクションに板を走らせ、レールを入れてターンする技です。これもまた、かなりのスプレーが飛び見るものを魅了します。

よくCTサーファー達が海外のド派手なブレイクで深くボトムターンを切り込み、波のトップで豪快にカービングしている映像がありますが、フルレールターンで、ものすっごいスプレーが飛び散ってますよね!

一言、どうしてそんなターンが出来るんだよ~!!って思いますが…)笑

あそこまで出来なくても、このカービングは個人的にはオフザリップよりも奥が深く、カッコいいアクションだと思っています。

スプレーもこっちの方がメイクできたとき飛びますしね♪^^

・カットバック

カットバックとは、ライディング中に波のパワーゾーンから行き過ぎてしまったとき、その先の緩いセクションでレールターンを切り、板を180度方向転換し、波のパワーゾーンに戻る技です。

実は、このカットバックが出来るのと出来ないとでは、もの凄く差が出るんです。

というのも、ライディング中の調整の役割を果たしているのがこのカットバックです。

波に夢中で乗っていると、波のパワーゾーンを行き過ぎてしましい、失速してしまうケースがあります。

そんな時、このカットバックが出来ればもう一度波のパワーゾーンに戻ることができ、ライディングを仕切り直せるのです。

目標・課題が見えてきたら、いざ海へ!!

ここでは、サーフィン横に滑れるようになったら次何する?ということで、ボトムターンと3種類のトップアクションについて解説してきました。

どれもボトムターンが基盤となり、その上で成り立っているアクションです。

まずは、ボトムターンを磨くことを目の前の課題に、それと同時に、長い目でアクションの方も磨いていきましょう♪

今日、明日で出来るようにならないのがサーフィンです。

そこが実に面白く、我々を虜にしてくれるんだと思います。

コツコツ頑張っていきましょう\(^o^)/

Facebook

Blog ranking

Trip guide